幸せな六重奏でした!

昨日はブラームスとドヴォルザークの弦楽六重奏を素晴らしいメンバーと演奏させてもらいました!

なんとなく苦手意識が強く、やや避け気味だったドヴォルザーク。

ここ2〜3年でドヴォルザークが言いたかった事、感じた事ってこういう事なのかも!?と、少し彼に近づけた気がします。若い頃は単調なリズムだけが鼻につき、もう一歩先に進もうとしていなかったけれど、今はその奥(よく言われる楽譜の裏側)に自然と自分から歩みを進められるようになりました。

うん、素敵な作曲家。

素敵な会場、聴衆、メンバー、作品。最高です。



ニュースカテゴリー